シーケンサのお話

AKB48の涙サプライズなる曲が最近のお気に入りです。
商法やコンセプトとかには賛同出来ない所もありますが、あの曲は好きなのです・・・
さて、何の脈絡もありませんが、今日はシーケンサのお話。
DTMの根幹を担うシーケンサですが、私はLogicユーザであります。
そのLogicがバージョンアップする様です。
ループ資産や音源資産はそのまま移行出来そうですが、安定性等の観点からしばらくは様子見かなぁ・・・と思ってます。
何よりギターアンプとか充実するみたいだけど、四つ打ち系のトラックに即戦力なツールは追加されない様でガッカリ。
音楽に限った話では無く、皆さんが普段使ってるソフトウェアは定期的に更新していますか?
(自分の環境で)安定している+UI・ショートカットに慣れている
or
不安定の発生要因の受け入れ+新機能の追加+(状況によっては)ある程度の金銭の支払い
リスクとリターンの着地点次第でどうにでも変わりそうですね・・・
ま、こういう世界では現状に満足したら試合終了なので、常に新しい物へのアンテナを張っておいて損は無さそうです。

Related Articles

シーケンサのお話” への3件のコメント

  1. >ギターアンプ
    打ち込みのギターにかけると、大分生っぽくなるのでオススメです!

  2. >匿名さん
    ギターを全く弾けないせいで、どうやれば音が出ているかとか、奏法とか全然分からないですね・・・
    なので、私みたいな人間は打ち込みをチマチマやるより、誰か弾ける人を誘った方が良いかもしれませんねぇ。
    ギターアンプを別の楽器にかけると面白そうかな?とちょっと妄想しています。
    遠くない未来に触る機会もある?はずなのでちょっと試してみようかな・・・

  3. あ、すいません上のはぼくです
    いつも結構打ち込みのギター使ってますし、あれにアンプシミュレータのプリセットを選んでかけるだけでも大分違うと思いますよ
    アンプシミュとかローファイ系エフェクトを別楽器に
    ってのはよくやります
    もしかしたら今まで作った曲の半分以上やってるかもしれません・・・

匿名 へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。