食わず嫌い

年下の先輩と音楽の話に華を咲かせてきました。
先輩はレゲエを中心とした曲のDJであり、私の好みとは全くと言っていいほど正反対のジャンルで活躍してらっしゃいます。
まがりなりにも音を作る立場にある私ですが、まだまだ音楽の食わず嫌いが克服出来ません。
先輩にターンテーブルを回して頂いて、幾つかハッとさせられる曲もありました。
が、やはり乗り切れない部分もありました。
一方、私の好きなジャンルを先輩に聞かせてみると、単調で繰り返しの多い曲だなーという感想を述べていました。
曲の数だけ、アーティストの数だけ、人の好みも数多にある訳で、
「この曲は良いから君も好きであるべきだ」とは思いませんが、
どのような曲が好きな人にでも愛される様な人になりたいなぁと・・・
今の私は音楽性でも人間性でも幅が狭すぎる感が否めないので、もっとアンテナを広く立てなければならないと痛感させられる対談でした。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。